観る : 観察する 判断する 考える 調べる 鑑賞する 味をみる 世話をする 試みる 経験する・・・  広辞苑より

季節に寄り添って 二十四節気 • 七十二候 

      

  

日本には、春夏秋冬の四季だけではなく、二十四の気という季節、
七十二もの候という季節があり、そうした季節の移ろいをこまやかに
感じとって生活していました。道端の草花や、空を見上げながら、
ゆっくりと旧暦のある暮らしをを楽しめればと‥‥


『虹蔵れて見えず』(にじかくれてみえず)

 新暦ではおおよそ 11月22日〜11月26日ごろ

 小雪 初候『虹蔵れて見えず』:虹を見かけることが少なくなるころ。

 

  新嘗祭 にいなめさい            
 ほっけ

十一月二十三日の勤労感謝の日は、もともと秋の収穫に感謝を捧げる「新嘗祭』

の祭日でした。

その年に収穫された新米や新酒を、天地の神様に捧げます。

古くからある行事で、いまでも宮中や伊勢神宮などの神社では行われています。

   
 

『朔風葉を払う』(さくふうはをはらう)

 新暦ではおおよそ 11月27日〜12月1日ごろ

 小雪 次候『朔風葉を払う』:冷たい北風が、木々の葉を払い落とす。
 朔風の朔とは北という意味で、木枯らしのことです。
              
木枯らし 

 

                   

 

 

北風、木枯らし、空っ風。

初冬に吹く冷たい風は、木の葉を吹き飛ばしてしまいます。

どっどど どどうど どどうど どどう

青いくるみも吹きとばせ

すっぱいかりんも吹きとばせ   

    宮沢賢治「風の又三郎」より

   

『橘始めて黄なり』(たちばなはじめてきなり)

 新暦ではおおよそ 12月2日〜12月6日ごろ

 小雪 末候『橘始めて黄なり』:橘の実がだんだん黄色くなってくるころ。

 

 橘 たちばな

 

                   

 

 

古くから日本に自生していた常緑の木。

国内の柑橘系で唯一の野生種とされています。

古事記や日本書紀において、不老不死の実、冬でも葉があおあおとして、

まばゆい黄色の実をつけることから、

古の人には、枯れることを知らない

永遠の象徴のように映ったかも。

   
 

 

 

       
 ←     
       
二十四節気•七十二候 一覧  初候  次候  末候  TOP    HOME
       
       

 

 

                   * 主な参考文献 講談社 『日本大歳時記』 東邦出版 白井明大 著『日本の七十二候を楽しむ』